SCTC(セルフ・ケミカル・トゥース・クリーニング)は良いとこどり!

By KOBEホワイトニング Posted 2019.8.30

SCTC(セルフ・ケミカル・トゥース・クリーニング)は良いとこどり!ホワイトニングとクリーニングの違いって?

【ホワイトニングとクリーニングの違いって?】

「ホワイトニング」と「クリーニング」では、いったいどのような違いがあるのでしょうか?
一般的なホワイトニングでは「歯を白くする」という審美面での目的をメインとし、過酸化水素を主成分とした溶剤を使用します。
その溶剤をハロゲンなどの光を使うことによって歯のエナメル質に浸透させることで、エナメル質に沈着した着色物質を漂白するという仕組みなのです。
更に、エナメル質の表面にある結晶の形を変質させることによって光を分散させ、歯をより白く見せていきます。
そのため、ホワイトニングではまるで芸能人のような真っ白な歯を手に入れることができます。
しかしその反面、ややその白さが不自然に感じられるという方も少なくないというのが事実です。
またそれに加えて、溶剤の刺激により歯の痛みなどが表れやすいというデメリットもあります。
一方、一般的なクリーニングでは「口腔内を清潔にし、虫歯や歯周病を予防する」という健康面での目的をメインとしており、超音波や特別な機械を用いて歯垢や歯石などを取り除いていきます。
その後、フッ素を配合したジェルなど研磨剤を塗布し、専用のブラシなどで歯の表面を磨いていきます。
クリーニングでは「歯を白くする」ということは目的ではなく、あくまでも「虫歯や歯周病を予防する」ということが主要な目的となっています。
歯石を除去する際には、痛みを感じる方もいらっしゃいます。
また、「歯を白くする」のが目的ではありませんので、歯の白さを実感できにくいという場合も少なくありません。

【SCTC(セルフ・ケミカル・トゥース・クリーニング)は、二つの良いとこどり!】

KOBEホワイトニングが採用しているセルフホワイトニングが、「SCTC(セルフ・ケミカル・トゥース・クリーニング)」という方法です。
このセルフホワイトニングは、ホワイトニングとクリーニングのちょうど中間にあたるような位置づけのものであると言えます。
SCTCでは、ホワイトニングと同じように特殊な溶液を歯の表面に塗ります。
ただし、その溶液の主成分は過酸化水素ではなく、食品や化粧品などにも使用されている酸化チタンです。
酸化チタンは、過酸化水素よりも人体への刺激が少ないというメリットがあります。
その後、特殊なLEDを歯の表面に照射していきます。
この光は、ホワイトニングで使われているハロゲンなどよりもパワーがおだやかなのが特徴です。
こうすることで化学反応が起こり、歯のエナメル質の表面についているステイン(汚れや黄ばみ)を浮き上がらせてくれるのです。
そのため、一般的なクリーニングよりも歯の白さを実感できやすいというメリットがあります。
また、痛みはまったくと言ってもいいほど感じないというのも嬉しいですよね。
まさにSCTCは、ホワイトニングとクリーニングの良いとこどりであると言えそうです。

監修医
アルデブラン・デンタルクリニック京都院
松田 祐一郎 院長
監修医
アルデブラン・デンタルクリニック京都院
松田 祐一郎 院長
Copyright © KOBEホワイトニング株式会社 All Rights Reserved.