安全で効果的に
ホワイトニングをしたい方に

歯のホワイトニングとしては、従来二つの方法が主流でした。 まず、歯の表面を保護するエナメル質表面に付着した歯垢や歯石、あるいはステインと呼ばれる沈着物をスケーラーやブラシのような道具で擦り落としていく、 PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)と呼ばれる方法。 もう一つの方法は、エナメル質の中に薬品(高濃度の過酸化水素水)を浸透させて、エナメル小柱というエナメル質の結晶の隙間に入り込んだ色素を漂白し、 エナメル小柱の結晶の形を変えることによって光の乱反射を利用し白く見せる方法です。 実施にあたっては、常に刺激性のある薬品を使い、さらに薬をエナメル質に浸透させるために、強い光を当てなければなりませんので、 患者様によっては歯に痛みを感じる場合や、歯茎を火傷する場合もあり、歯科医による厳密な管理と安全への配慮が求められるという問題がありました。 どちらにしても従来の方法では、患者様の状態によって施術ができない場合もあり、また費用と時間がかかり患者様にとっては大きな負担となっていました。 しかし、今回ご紹介いたします、KOBEホワイトニングのセルフホワイトニングシステムは、従来の擦って汚れを落とすクリーニングと漂白式ホワイトニングの中間に位置し、 良いとこどりをしたシステムです。 食品や歯磨き剤に含まれているような極めて安全な素材を使って、歯の表面のエナメル質を傷つけることなく汚れや黄ばみを浮かせ取り除きますので、 痛みが出たり歯茎を傷つける心配は一切ありません。 このシステムを、我々はSCTC(セルフ・ケミカル・トゥース・クリーニング)と呼んでいます。 SCTCは、単に、患者様が自分でビューティーホワイトのホワイトニング溶液を歯の表面に塗り、光を当てるだけでよいのです。 これだけで、エナメル質の表面にこびり付いた汚れや黄ばみ等が浮き上がり、うがいをすれば歯の表面の汚れが取れるという、とてもシンプルで画期的なシステムです。 また、歯がきれいになるだけでなく歯の表面の汚れ防止効果がありますので、歯に汚れが付きにくくなる効果も期待できます。 是非、歯の汚れや白さでお悩みの方はKOBEホワイトニングのセルフホワイトニングシステムをお試しください。
アンデブラン・デンタルクリニック京都院

松田 祐一郎 院長

Copyright © KOBEホワイトニング株式会社 All Rights Reserved.