今話題の「セルフホワイトニング」っていったい何?

By KOBEホワイトニング Posted 2019-08-21

気になるメリットも3つ公開しちゃいます!

【セルフホワイトニングって?】

あなたは、「セルフホワイトニング」という言葉を聞いたことがありますか?

セルフホワイトニングというのは、お客さんが自分自身の手によって行う、歯のホワイトニングのことです。

一般的な歯科でのホワイトニングの場合、ホワイトニングの全工程を歯科医や歯科衛生士が担当しますよね。

しかしながら、セルフホワイトニングでははじめから終わりまで、お客さんであるあなた自身が自ら(セルフで)ホワイトニングを行うことができるんです。

今話題になっているセルフホワイトニング…いったいどのようなメリットがあるのでしょうか?

今回は、セルフホワイトニングのメリットを3つご紹介したいと思います。

 

【メリット1. リーズナブルにホワイトニングを行うことができる】

セルフホワイトニングの最大のメリットと言えるのが、「価格の安さ」です。

セルフホワイトニングでは、1回3,000円~5,000円程度でホワイトニングを行うことが可能です。 歯科医院でのホワイトニングの料金は、1回10,000円~80,000円程度ですので、ざっと見積もっても約7,000円~75,000円ほどお得に歯を白くすることができるのです。 セルフホワイトニングは、継続して行うことでより効果が高まるという特徴があります。 リーズナブルな料金設定ですので、継続的に行うのも苦にならないというのが嬉しいメリットですね。

 

【メリット2. 抗菌・殺菌機能もある】

セルフホワイトニングのメリットその2は、「抗菌・殺菌機能もある」という点です。

一般的なセルフホワイトニング機器では、ホワイトニングだけでなく、抗菌・殺菌の機能も期待できます。

たとえば、KOBEホワイトニングが提供しているホワイトニングLEDマシンでは、酸化チタンを主成分とする溶液を用いています。

その溶液を歯に塗り、マシーンの光(LED)を照射し化学反応が起こさせることで、歯についた汚れ(ステイン)を浮き上がらせるという仕組みです。

酸化チタンには、抗菌・殺菌効果もあると言われており、歯を自然な白さに近づけるだけでなく、虫歯菌や歯周病菌を殺菌してくれるという効果も期待できるのです。

 

【メリット3. 痛みがほとんどない】

最後にご紹介するセルフホワイトニングのメリットは、「痛みがほとんどない」という点です。

歯科医院で行うホワイトニングでは、過酸化水素を主成分とした溶剤を歯に浸透させるため、痛みが出る場合が少なくありません。

しかしながら、セルフホワイトニングで用いる酸化チタンは人体に対して穏やかに作用するため、痛みはほとんどありません。

身体に対して安全で痛みがないという点も、セルフホワイトニングのメリットの一つなのです。

 

【まとめ】

いかがだったでしょうか?

今回は、今話題のセルフホワイトニングのメリットを3つご紹介しました。

セルフホワイトニングは低価格な料金で行うことができますので、チャレンジしやすいのもメリットですよね。

歯を自然な白さに近づけるだけでなく、抗菌・殺菌機能が期待できるのも大きなメリットです。

また、痛みがほとんどないというのも嬉しいですね。

あなたもぜひセルフホワイトニングに挑戦してみてくださいね。

コラム一覧
2022-09-02
介護の現場をサポート【訪問歯科】とは   近年の日本では、高齢化社会が進み、深刻化しています。 それに伴い、介護を要する人が ...

2022-08-26
【歯医者は痛くない】時代の到来!そのワケとは   歯科医院に対して、苦手意識を持っている方はどのぐらいいるでしょうか。 嫌だ ...

2022-08-05
若い人も要注意!歯が溶ける?【酸蝕歯】とは   近年、「酸蝕歯」と呼ばれる症状に、悩まされる人が増えてきています。 むし歯や ...

2022-07-15
ホワイトニングについて正しい知識を   はじめに 今回はホワイトニングについてのお話をしていきたいと思います。 ホワイトニ ...

2022-07-01
どんな歯磨き粉を使うのがベスト?   皆さんは、普段どんな歯磨き粉を使っていますか? 歯磨き粉(以下:歯磨剤)は、今やドラッ ...

Copyright © KOBEホワイトニング株式会社 All Rights Reserved.